ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三陸カヤックス応援隊的クリスマス | main | MESA開店しました! >>
2012.10.02 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.12.26 Monday

三陸カヤックス応援隊的クリスマスプレゼント☆

 近頃、基金を使わずに貯めておいたら、かれこれ100万近くなっていました。
皆さんの小さな力の積み重ねです・・・本当にありがとうございます。

主要メンバーと相談して、一部基金を取り崩して、カヤックでお世話になっている漁師さんたちへ
クリスマスプレゼントをすることにしました。

重茂半島の漁師さんたちです。
何度か漕がせてもらっているエリアですが、特にも2004年のレインドックのシーカヤック・ツアーでは、たいへんお世話になりました。
このときの様子は、Kayak誌〜海を旅する本〜vol.6号に詳しく掲載されています。(恥ずかしながら、ワタクシの作文です)






雑誌に紹介された漁港や浜も、破壊されてなくなりました。

震災後、野川編集長が、重茂の漁師さんたちにと、この号を何冊か進呈してくださったので・・・

漁師さんたちへ、雑誌と一緒に、オトナ向けのクリスマス☆プレゼントを贈らせてもらいました。
つまり、そのー・・・泡の出るプレゼントとか、お湯で割って梅を入れたりするプレゼントです。
もっと大きな金額があれば、重茂漁協に寄付したいと考えてましたが、今の段階で、あまり調子に乗って使いすぎて、将来いざシーカヤックを復活させようとしたとき、カヤック道具の一つも買えないようでは、本末転倒です。
なので、今回は、せめて本当にたいへんだった1年を、漁師仲間の皆さんでねぎらい、来年への鋭気を養ってほしいという想いを込めて、このようにさせてもらいました。



それから、前にもお話した大沢養殖連合会の牡蠣帆立&ワカメの復興プロジェクトオーナーにも
「三陸カヤックス応援隊」として申し込みました。
いつか山田湾を漕ぎだせる日が来たら・・・・自ら応援隊の垂下縄まで漕いでいって、マイ☆ホタテをいただこうではありませんか!

山田湾でのカヤック海上ドライブスルーツアー、絶対復活してもらいたいです。
海の元気を取り戻しましょう!
2012.10.02 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR